忍者ブログ

まったり♪うだうだ


日々の生活。たまに創作(手芸)。

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

忘れてないよ

団地の花壇にすずらん。

小さなお花。

 

今日は書類出しで、東税までドライブ。

義父には地下鉄1本で行ける道庁別館と市税事務所へ行っていただいた。

帰り道、ダンナが寄りたいお店があるというので、私は近くをお散歩。

濃い紫色のライラック。

いい天気の1日。

先っぽだけ色が濃いライラック。

 

今日で仕事が一段落した。

仕事が忙しい間は忘れられている悲しみも、明日からどうなるんだろう。

義父もダンナも、まだ信じられない気持ちのほうが大きくて、義母は遠くへ旅行にでも行っているような感覚でいるようだ。

私も、その感覚に近いかもしれない。

忘れたわけではなく。

あの日のことを思い出さないようにしているだけで。

「これが好きだったね」

とか

「こういうときは、母さんならこう言うな」

とか、そんな話をしている。

 

 

 

拍手[0回]



あの日、電話で義父から

「母さんが変だ」

と呼び出され、急いで義父母宅へ向かった。

呼びかけても義母の反応はなく、救急車がなかなか来なくて、義父が再度電話した。

「お義母さん!」

と呼びかけたら、うっすらと左目を開けたような気がして…。

義父もダンナも私も、何度も何度も呼びかけて。

救急隊の電話の指示で心臓マッサージ。

私は何度も義母の胸を押した。

そのそばで、ダンナが

「もう冷たいんだよ、父さん…」

と、悲しげにつぶやいたのが忘れられない。

救急車で運ばれていく義母、一緒に乗り込んだ義父。

ダンナと車で病院へ向かう中、ダンナの祖父母に

「どうか、まだ連れて行かないで」

と祈り、

「大丈夫。きっと間に合う」

と言い聞かせて。

 

前日の母の日には普通に話もして、一緒に買物にも行って。

元気だったのに…。

 

少しは気持ちの整理ができたような気もするけれど、まだ、義母を知る人に会った時、あの日の説明を求められたら、泣いてしまう自分がいる。

ダンナも義父も同じだ。

いつか、時が癒してくれるのだろうか。

 

 

 

PR

この記事へのコメント

Next:
聞き間違い
Prev:
くじ運
Page:
Top:
まったり♪うだうだ

カウンター

カレンダー

10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

最新コメント

[03/31 月青]
[03/26 月青]
[09/07 月青]
[08/31 月青]
[05/18 月青]
[05/13 月青]
[04/28 月青]
[04/14 月青]

パズル

プロフィール

HN:
うだジロー
性別:
女性
職業:
主婦
自己紹介:
岩手から北海道に移り住んで6年。
猫好きだけど団地じゃ飼えない(T_T)

お互いのブログで、何度かコメントのやり取りをした方とリンクさせていただいてます。
リンクは不都合がある…という方はお申し出くださいませ。

バーコード

ブログ内検索

アクセス解析

Designed by 0x85ab.