忍者ブログ

まったり♪うだうだ


日々の生活。たまに創作(手芸)。

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

意味不明…(かなり長いっす)

金曜日のこと。

その日は義母の4回目の月命日。

あれから4ヶ月。

まだって感じもするし、もうって気もする。

さて、月命日とはいえ、義父のお得意先には関係ないので、その日は年に1回か2回しか行かないお得意先へ。

ちょっと遠いし、1年ぶりということもあって、方向音痴なダンナは道があやふや。

私もナビ係として同行することに。

前の日に、先方で11時の約束で、行くのに40分はかかるから、10時ちょっとには出かけよう…という話になっていた。

10時くらいに義父宅へ向かう。

義母がいた頃なら、先に電話しておくと義父を下ろしておいてくれたものだが、最近は4階までお迎えに行かないといけない。

その日も部屋に入ったら、シャワーを浴びた後らしく、洗面所で何かやっておられた。

まだ時間がかかりそうだったので、義母にお線香をあげて新聞や広告を眺めて待っていると、10時半頃にやっと準備完了。

…10時ちょっとには出かけようって話だったのになぁ~。

 

ここで、話は脇道にそれる。

義母が亡くなった日、義父とダンナは月1回伺うお得意先のうちの1軒(清田区)に行っていた。

そこに行くと、義父とダンナは、必ずとんかつ屋さんに行ってお昼ご飯を食べて帰って来ていた。

そのお得意先やとんかつ屋が悪いワケではないのだけれど、そこへ行ってきた直後に義母が亡くなったため、思い出さずにはいられないのだろう。

件のお得意先(清田区)へ行く日は、義父もダンナも気が重そうだ。

 

さて、話は戻って。

1年ぶりのお得意先は東区。

そこの近くにも同じとんかつ屋の支店があって、義母が肉嫌いなためにたまにしかとんかつが食べられない義父は楽しみにしていたものだった。

でも、違う場所とはいえ、同じとんかつ屋の支店。

義母のことを思い出さずにいられないことは予想の範囲内。

お得意先での用事が済んだ義父は車に乗り込んできて、

「昼飯、どうする?あのとんかつ屋には俺は行きたくないんだけども…」

と言う。

まるで、お前たちは悲しくないかもしれないが、俺は悲しいんだ、と言う感じ。

ダンナと私だって、因縁のとんかつ屋にはやっぱり気がひけるって、なんで分かってもらえないのか。

そういう気持ちのすれ違いがしんどい。

それから、久しぶりに来たお得意先だったので、やっと義母の話をしたそうだ。

まぁ、月に1回は書類をファクスしてもらっているし、ファクスが遅いときには電話をすることもあるようだが。

それで、そこの事務をやっている奥さんが

「じゃあ、お花でもお送りしますね」

と言ったそうで。

「そんなこと、しなくていいのにな…」

と義父がぼやいていた。

「しかし、車に乗ってるだけでも疲れるな。

 運転はもっと疲れるだろ?」

と言ったのは、ただの「今日はお天気がいいね」くらいの感想か?

前にも同じ事言ったけど、覚えてないみたい。

途中で昼食を調達し、義父を送り届け、私たちは一度自宅に帰り少し休んだ頃、電話が来た。

もう少し休んだら、夕飯の下ごしらえを始めて、義父宅での夕飯に備えようという頃。

義父からの電話で、お得意先がお花を送ったので明日届くが、自分は不在予定なので、義父宅に来て代わりに受け取って欲しい、いつだったら都合がいいか?という旨。

ダンナが

「父さんがいる時間にお願いしたらいいんじゃない?」

と言うと、

「俺はいつ家にいるか分からない」

との返事。

自分が家にいる時間が分からないって、どういうこと?

ダ「夜でもいいんじゃないの?」

義父「そんな遅い時間にしてもらって大丈夫だべか?」

義父の煮え切らない様子に業を煮やしたダンナ、

「11時くらいなら行けると思う」

と言って電話を切った。

土曜日は義父宅に行かなくていい日ということで合意していたので、明日は何をしようかな~?という予定がちょっと台無しに…orz

仕方ない…とは思ったものの、義父の意味不明な言動に脱力。

たまには煮魚が食べたいと言っていた義父の好みに合わせて、サンマの煮付けを作ろうと張り切っていただけに、モチベーションがだだ下がり~。

夕飯の席で、高校の同級生が急に札幌に来ることになって、久しぶりだから会う約束をしたと聞かされた。

まぁ、それなら懐かしい友人と積もる話もあって、いつ帰れるか分からない…というのも理解はできる。

でもさ、その話は先にしておくべくだと思う~。

そしたらダンナも、あんなにブチ切れしそうにならなかったのに。

 

土曜日のこと。

朝、義父から電話があり、洗濯物を置いて置くので連休中に洗濯して欲しい旨と、洗濯物の上に5千円ほどのせておくので、産直で何か買うときに使って欲しい旨。

それから

「連休だから、明日は来なくていいぞ。

 あ、でも夕方には夕飯用に弁当を買ってきてくれ」

との付け加え。

…それは、来なくていいって話ではないんじゃ?

義父としては、炊事しなくていいから楽だろうってことなんだろうけど、どうせ義父宅に行くなら夕飯作っても作らなくても同じ。

というか、どうせなら夕飯作って一緒に食べたほうが気が楽なんだけど…。

そんなことを考えつつ。

花を受け取るついでに、義父宅の麦茶と牛乳が残り少なかったので、買い物をしてから義父宅へ。

無事に受け取って、義母にお線香をあげ、お線香が燃え尽きるのを待ってから帰宅。

 

日曜日のこと。

産直へ行って、とうきびや枝豆を茹でて義父宅へ届ける準備をする。

お弁当(と言っても、義父がお気に入りのコンビニで手作りしてる丼もの)を3種類買って、義父が食べたいのを選んでもらい、残りは私達でいただくことに。

義父宅へ行くと、留守番電話のランプが点滅中。

義父「気が付かなかったな~」

…留守電の立つ瀬がないですな(;´д`)

しかも、留守電入ってたの前の日だし…orz

相手は仕事仲間の方で、仕事関係の話。

長電話が終わるのを待ち、義父がダンナへ渡す書類の下書きが終わるのを待ってたら、少なくとも1時間は滞在してたかも。

 

昨日(月曜日)の話。

お花をいただいたお得意先から電話があって、

「日曜日にお線香をあげに行きたくて電話したけど、

 先生、留守でしたねぇ」

と言われたとか。

義父「わざわざ来てもらわなくていいのにな」

 

今日(火曜日)の話。

本日はちょっと遠いお得意先(手稲区)へ出かける日。

義母が生前、

「あんな遠いところへの送迎はダメ!」

と厳しく言っていたので、義父は地下鉄を乗り継いでお出かけ。

自分だけが苦労しているようでイヤだったのかどうか。

朝、電話が鳴った。

番号を見ると義父宅だったので、

「おはようございます!」

と私が出たら、

「もしもし。◯◯は?」

…えーと、私と話すことはないってことかい。

ダンナが電話に出たら、次のような話。

義父「いつもいないねって言われるから、午前中くらいうちにきて、

    電話番してくれや」

…つーか、義母が生前使ってたケータイがあるでしょうが!?

聞き取りづらいから嫌だとか言ってないで、もって歩けばいいっしょ!

てかさ、いつもいなくても仕方ないじゃない!

義母が亡くなって、義父は一人暮らしなんだからさ!

しかも電話番してる間、そこで何をしていろと?

確かに2人とも家にいるから暇そうに見えるのか。

明日は雨の予報で、今日は天気が良かったから、私は午前中はお洗濯(この前は義父の物で自分ちのができなかったから)、午後は少し手間のかかるお料理したかったし。

ダンナはこの前もらった書類(決算書)をPCで打つ予定だったんだけども。

本当に意味不明だし、ダンナがブチ切れしそうになるし、私だって予定が台無しになるし、ストレスで胃が痛いわー!!!!!

いえ、実際に、そんなこと義父に言えるワケないので、ストレスで胃が痛いのであります(´;ω;`)

 

 

2012,9,24 15:20 この記事に拍手コメントくださった方へ

ご心配おかけしております。

義父は病院へ行っても、先生が偉そうだとかでケンカして帰ってきちゃうような人なので、

あんまり注意してもダメなんだろうな~と諦めております。

ダンナが我慢できなくなったときは、きっと決別のときか…と(;´Д`)

適度にストレス発散してがんばります(`・ω・´)ゞ

ありがとうございます(*´ω`*)

 

 

拍手[1回]

PR

この記事へのコメント

無題

おぉぅ・・・
難しいですねぇ。
自分の親なら、あーでもないこーでもない
やかましいわ、ボケェ!くらい言えるかもしれないけど(笑)
やっぱりお義父さまとなると、そうもいかないでしょうし・・・
ご本人はそんなつもりなくても、どこか自分を中心に世界がまわってるというか
周りが自分に合わせてくれて当然って感じのところがありますものね(^^;
嫁の立場としてはかーなーり気をつかいますねぇ、これは。
ストレスがたまってくれば、普段ならスルー出来るようなことも
いちいち心に引っかかったりしちゃいますし、なんとかうまく
ストレスの発散が出来るといいのだけど・・・

Re:無題

ゆったんさん、こんばんは。
そうなんです、なかなか難しくて~(´;ω;`)
確かに自分の親になら言い易いってのはありますね。
でもダンナは一人っ子だし、ダンナが義父と衝突したら、
取り返しがつかなくなるだろう…とは思ってるみたいで、
かなり我慢してるんですよねぇ~(;´Д`)
義父は前に病院のお医者さんが偉そうだからって
「患者をなんだと思ってるんだ。もう二度と来ない!」
とケンカして帰って来ちゃったことがあるそうで…。
ダンナのストレスもかなりたまってきてます(T_T)
年寄りのワガママ…と思って我慢してますが、
なにかストレス発散できることを探さないと、
ホントにやばそうです~(TдT)

  • うだジロー
  • 2012.09.19 22:39

無題

難しいっすねえー;^^
うちの義父も父も、なかなかそういった部分がありますわ。
いわゆる「オレ様」って感じというか?自分中心というか。
そして、たぶん年が寄るにしたがって
その傾向は残念ながら強くなっていくのではないかと(汗)。
私の場合、義父のことでかなりストレスがたまった時期が
あったんですが、そのときは妹と母親にきいてもらいまくっていました。
そうやって適度にガス抜きをしないと、もう頭がどうにか
なってしまいそうだったです;;;^^
こちらが心身共に健康でゆとりがあるときじゃないと、
なかなかスルーできませんもんね。
たぶん、思ったらすぐ思ったことを口にしてしまうんだと思います。
そしてたぶんすぐ忘れる;^^

ストレス解消できる方法がなにかありますように!

Re:無題

ちゃいむさん、こんにちは。
いやぁ、もう、なんか、義父の良いようにする
しかないな~と(;´Д`)
うんうん、話を聞いてもらうだけでも
かなりストレス解消になりますよね!
ホント、心身ともに健康でゆとりがあるって
大事ですよねぇ~(´;ω;`)
お互いに義母を亡くした悲しみがあって、
そのことで心身ともに健康って感じではないから、
余計にダメなんでしょうね…。
これは本気でストレス解消法を模索せねば…。
ありがとうございます、がんばります(`・ω・´)ゞ

>難しいっすねえー;^^
>うちの義父も父も、なかなかそういった部分がありますわ。
>いわゆる「オレ様」って感じというか?自分中心というか。
>そして、たぶん年が寄るにしたがって
>その傾向は残念ながら強くなっていくのではないかと(汗)。
>私の場合、義父のことでかなりストレスがたまった時期が
>あったんですが、そのときは妹と母親にきいてもらいまくっていました。
>そうやって適度にガス抜きをしないと、もう頭がどうにか
>なってしまいそうだったです;;;^^
>こちらが心身共に健康でゆとりがあるときじゃないと、
>なかなかスルーできませんもんね。
>たぶん、思ったらすぐ思ったことを口にしてしまうんだと思います。
>そしてたぶんすぐ忘れる;^^
>
>ストレス解消できる方法がなにかありますように!
>

  • うだジロー
  • 2012.09.21 15:22
Next:
残暑ざんしょー!
Prev:
今季ラスト
Page:
Top:
まったり♪うだうだ

カウンター

カレンダー

06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

最新コメント

[03/31 月青]
[03/26 月青]
[09/07 月青]
[08/31 月青]
[05/18 月青]
[05/13 月青]
[04/28 月青]
[04/14 月青]

パズル

プロフィール

HN:
うだジロー
性別:
女性
職業:
主婦
自己紹介:
岩手から北海道に移り住んで6年。
猫好きだけど団地じゃ飼えない(T_T)

お互いのブログで、何度かコメントのやり取りをした方とリンクさせていただいてます。
リンクは不都合がある…という方はお申し出くださいませ。

バーコード

ブログ内検索

アクセス解析

Designed by 0x85ab.